スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水質測定(8/23)

気づけば20日ぶりの水質測定です(汗)

まぁ、毎日水槽は眺めていますが、水質の悪化だけは目に見えませんので。


というわけで、テトラ5in1にて測定
IMG_6149.jpg


 硝酸塩(NO3)     0
亜硝酸塩(NO2)    0
カルシウム(Ca)  500
炭酸塩硬度(KH)  10
ペーハー(PH)   8.2


全く問題なし♪

えーと、今月は本日まで足し水だけの無換水です。
それでも硝酸塩ゼロレベル維持ですよ^^

我が家の水槽を完璧なバクテリアバランスによって、低硝酸塩レベルを実現したのは「バクトフードSP」です。
気になる方はアクアランド STAFF BLOGをチェック!!

次世代のバクテリア培養フード・バクトフードSP
信じるか信じないかはアナタ次第です!!




人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

No title

darumaさん>こんばんは~ 私もバクトフードSP注文しました!現在は微妙な水質なのでバクトフードSPで水質の安定が出来ると良いのですが・・明日到着予定なので楽しみです!
darumaさんは釣具にお金掛けてますな~!ダイワ ソルティガZ・・・私も欲しいです(笑) 私の住んでいる地域ではこれから秋アジ釣りが盛んになります。ルアーの準備などしながらニヤニヤしております(笑)

No title

ウチには水質を測定するもの自体ありません…w

そんな状態でハタゴを買うなんて無謀なのかな?
ま、普通に水変えしてれば大丈夫ですけどねぇ~

Re: No title

katuoさん

どうもです~^^
バクトフードSP注文されたのですね!培養期間の5~7日間は付属のマニュアルをしっかり熟読してくださいね^^
通性嫌気性バクテリアが安定して定着してくれると、水槽維持が驚くほど楽になりますよ^^
使ってみて何か分からないことがあれば、遠慮なくコメントを入れてくださいね。

>darumaさんは釣具にお金掛けてますな~!
以前からシーバスやらアジなんかを釣ってはいましたが、7月に玄界灘の沖ノ島へ行ったことでショアジギングに目覚めちゃいました(笑)全て中古タックルで揃えましたが、ソルティガが一番高かったです(苦笑)
私の住んでいる福岡でも秋アジ釣りは盛んですよ~。アジング面白いですよね♪

No title

darumaさん>
こんばんは!バクトフードSP届きました~早速培養しました。培養を待ちながら2年以上使用した外部濾過のメンテと撤去をボチボチやっていきます。お言葉に甘えまして不明な点は質問させていただきたいと思いますので優しく教えて下さいね(笑)
アジング>調べてみましたがアジ釣りですか?私の地域の秋アジは鮭なんですが・・・・(汗)

Re: No title

リンク さん

私も海水水槽を立ち上げてから8ヶ月間もの間、水質を測ったことが無かったのですよねぇ。。。
確かに換水を定期的に行なえば、海水魚が飼育できる水質は維持できます。
でも、硝酸塩濃度を測りだしてからは飼育水の水質が分かるようになり、スキルもどんどんアップしていきましたよ!
今思うと、8ヶ月という長い時間を損したなぁ~て(汗)
なので、テトラ5IN1でも構いませんので購入をおススメします^^
自分の水槽の状態(水質)が分かるようになりますよ!

Re: No title

katuo さん

こんばんは!水槽には外部ろ過を設置されているのですね。長期間使用した濾材とバクトフードSPの併用は即効性はありますが、培養した通性嫌気性バクテリアが濾材の目詰まり等で定着する場所が無く、あまり良い結果は得られないようです。私は現在、一年以上ノーメンテの外部ろ過淡水水槽でバクテリアを投与して経過観察していますが硝酸塩濃度は思ったほど下がりません。今週末に濾材をフルリセットしようかと考え中です。

>私の地域の秋アジは鮭なんですが・・・・(汗)
ありゃ!katuoさんは北の地方の方でしたか!失礼しました^^;
こちらでは鮭は秋アジと呼ばないのでつい・・・
アジング=ルアーでのアジ釣りです^^

No title

darumaさん>
どうもでした~ アクアランド様のブログを拝見した感じでは外部濾過でのバクトフードSPの使用はあまり効果か期待できないようなので撤去しております・・・(今も飲みながら作業中です・笑)600水槽に何を血迷ったか4台の外部濾過に3台のサブフィルターを使用しておりました。ろ材はほとんど入れずに水量確保の為に使用でしたが、魚がメインでしたのでこれでも何とか行けましたがサンゴを入れるとなると硝酸塩がとても気になりましたので・・・多少の硝酸塩なら魚はOKでしたがサンゴは上手く行きませんね。今回のバクトフードSPには期待しております。
ありゃ!katuoさんは北の地方の方でしたか!>
そうです~darumaさんとは正反対の地域の人間でした~(笑)

No title

んん?
8ヶ月の間損していたというと?
もしかして計ったら何かメリットがあるんですか!
だとしたら早く買わなければー。。。

Re: No title

リンクさん

アクアリウムで一番脳ミソを悩まされる物質が硝酸塩(NO3)です。
硝酸塩を制する者はお魚はもちろん、サンゴもイソギンチャクも飼えますよ^^

さて、水槽内での濾過サイクルを簡単に説明すると・・・
--------------------------------------------------
    給餌 
     ↓
排泄物(アンモニア、タンパク質)発生
     ↓
アンモニアを好気性バクテリアが亜硝酸塩(NO2)に硝化
     ↓
亜硝酸塩(NO2)を好気性バクテリアが硝酸塩(NO3)に硝化

--------------------------------------------------

ここまでの硝化反応は壁掛け式フィルターや外部ろ過機内の設置で行なわれます。
では、なぜ飼育水を水換えをするのでしょうか?

硝酸塩自体は生体には比較的無害ですが、蓄積(高濃度化)すると害がでてきます。
給餌をすることで飼育水に最終的に溶け込んだ硝酸塩(NO3)を排出(換水)することで蓄積を防ぐわけです。

この硝酸塩(NO3)を水換え以外の方法が無いのかというと・・・

実はあります。

     
硝酸塩(NO3)を嫌気性バクテリアで無害な窒素へと還元(脱窒)させる方法です。

んじゃ、水槽内で嫌気性バクテリアを増やせばいいやん♪
確かにそうなのですが、嫌気性バクテリアは酸素がほとんど行き届かない止水域にて繁殖します。
対して、好気性バクテリアは活動のために多量の酸素を必要とします。

小さな水槽内で酸素の有る場所と無い場所を作るのは大変難しいことです。

飼育水の硝酸塩が増えると言うことは、水槽内のバクテリアのバランスが好気性に偏っているということです。
偏ったバクテリアバランスを、どのようにしたらバランス良くなるのでしょうか・・・

簡単に考えましょう。

嫌気性バクテリアを意図的に投与すれば良いわけです。

それを可能にしたのがバクトフードSPなわけです^^

水質検査の重要性がなんとなくわかったかな?

※上記は私の過去のエキサイトブログからコピペしています(笑)


コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。