スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに動画でUPです

朝晩はすっかり秋らしくなって涼しくなりました。

そろそろ水槽のヒーターの準備をしないとね♪


さて、今日の水槽の様子は・・・



動画でどうぞ♪



先日のレイアウトを少し変更した際に、シライトイソギンが付いていたライブロックを移動させたら何故か大きくなっちゃってます(汗)

ハタゴ様よりデカイかも・・・(汗汗)


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

No title

darumaさん>
こんばんは~ 動画拝見させていただきました!見た目は私の水槽と似ていますが水質は違うのでしょうね・・・

釣りのお話からさせていただきます(笑)
オスの大物は掛かってビックリしました!こちらでは変わった釣り方をしますが、35~50グラムのお好みの色のルアーにお好みの色のタコベイトを装着して更に赤イカやサンマ(カツオでもOK)を付けて投げます。更に地域的な釣り方で仕掛けの途中に浮きを付けて棚をとります。こちらでは浮きルアー釣りと言いますがそちらではこんな釣り方しますか~?こんな釣り方で鮭をゲットです~
先日上げたオスは大変でしたよ~ ルアーとベイト変更して願いのキャスト・・・着水と同時にフックです!! 凄まじい引きでPEを巻いた4000番のリールのドラグを何とか調整しながら格闘の末、砂浜に引き上げました~
私が苦戦している中、周りでは淡々と鮭を上げており・・・(汗)
釣りの腕を上げようと心に決めました(笑)

私の水槽のデータですが、600×450×450
のワイド水槽です。
以前は濾過にエーハイムの外部濾過を4台にサブフィルターを2台連結させておりました。現在はエーハイム外部濾過1台にプリズムスキマーのみです。クーラー用に稼働させていた外部濾過も撤去しました。砂は10センチほどひいております。照明は最近までメタハラの150Wを照射しておりましたが変更してLED
を使用ております。

No title

darumaさん、生体の調子はとてもいいです。外部式フィルターは、密閉式で濾材はリング状のセラミック濾材と、活性炭のみです。使用日数は半年です。後、KHが7まであがっていました。しかし、昨日ポンプで砂をまきあげてしまったからか、硝酸塩が5ppmにあがっちゃいました。これは、またすぐ戻りますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

katuo さん

こんばんは^^
水槽の水質に同じものは存在しないのに、同じようにしようとするから頭を悩ませるのですよ^^
「自己流ではなく自分流の飼育スタイル」を確立できれば悩まなくなりますよ^^

釣りのお話大歓迎ですよ!(笑)
タコベイトはこちらでも使用しますよ。これに餌をつけるのは邪道扱いされそうですが、私は鯛ラバにイカ付けて根魚釣ってます(笑) ルアー+餌で釣れなければ・・・腕が悪いとあきらめが付きますしね^^:
浮きルアー釣りは、なかなか面白そうですね!こちらでは見たこと無い釣り方ですが、上手く応用すれば青物にも効果がありそうな気もします。

>私が苦戦している中、周りでは淡々と
その状況て、結構焦りますよね~^^; なぜ私だけ?みたいな(苦笑)
そんな中でも釣って結果を残すのはさすがですよ^^

さてさて、水槽の話に戻しますね!(笑)
水槽スペックを拝見しましたが、立ち上げから3年ですし底砂が10cmありますので嫌気域(プレナム層)の構築には全く問題ない環境ですよね。この環境下で培養液を投与しても硝酸塩が上手に下がらないとなれば、①培養液の投与量が多い ②外部濾過機のろ過能力が過剰  まずはこの2つの要因が考えられます。

まず②ですが、密閉型の外部ろ過装置は別名「硝酸塩工場」と呼ばれるほど、好気性バクテリアが繁殖しています。密閉型なのに好気性??と思われるかもしれませんが、外部ろ過機は常に通水(流水)しています。その為に嫌気性が定着しにくい(嫌気域が形成されにくい)という落とし穴があります。仮に外部濾過機の流水量をギリギリまで落として嫌気域を作りだしたとしても、トラブルで流水が止まってしまうと・・・硫化水素による崩壊が待っていることでしょう。

次に①ですが、2日おきに培養水を8ccを投与されて、現在の硝酸塩濃度は投与開始前の半分に下がっているわけですよね? ということは、投与初期の即効性が確認できていますので培養水の効果は間違いなく出ています! 現在も同じペースで同じ投与量を添加されているのでしたら、まずは半分の投与量(4cc)にして3日おきに投与してみてください。その際、投与前の硝酸塩濃度測って次に投与する前に再度硝酸塩を測ってください。このときに硝酸塩が上昇していれば、投与量が不足していますので1㏄増やします。同じであれば投与過剰と判断して投与量を3ccにします。下がっていれば投与量は正解!投与量を4ccの半分、2ccにします。
水量100L近い水槽にたった4cc程度と思うかもしれませんが、これこそがバクトフードSPで培養した真のバクテリアの力なのですよ^^
 
硝酸塩が検出されるということは水槽のバクテリアバランスが

好気性バクテリア > 嫌気性バクテリア

という状態です。

すでに外部ろ過機を数台撤去されたとの事ですので、ろ過機に頼りすぎない本当の意味でのナチュラルシステムによる極低硝酸塩環境は可能だと思いますよ!

Re: No title

mu- さん

KH7に上がっているようですね!良かったです~^^
密閉式のフィルター使用で硝酸塩ゼロ達成はは凄いですよ! リング状のセラミック濾材が過剰な好気性バクテリアの繁殖を抑えていたのかもしれませんね^^ 
あと活性炭ですが、設置から半年間は無効間なのですか? 活性炭はアンモニアの吸着や飼育水の汚れを取るのには素晴らしいのですが、およそ2週間から長くても1ヶ月ほどで効果がなくなりますので注意してくださいね。私は淡水でですが放置しすぎて汚泥が付着した結果、通水不良になりましたから(苦笑)

>昨日ポンプで砂をまきあげてしまったからか、硝酸塩が5ppmにあがっちゃいました。
心配しなくても大丈夫ですよ。2~3日で下がると思います。
うちなんかフィルターなんて設置していないので、レイアウト変更の時にライブロックを落としたりしたら飼育水が即濁りますから(笑)そんな状態になっても0ppm維持できていますよ。
もし、2~3日経っても5ppmから下がらなければ培養水を1~2滴投与してみてください。
今後も同じことが起きましたら、慌てずに砂のまきあげが落ち着いてから培養液を1滴投与すれば硝酸塩濃度の過剰な上昇を抑える事も可能ですよ^^

後日、硝酸塩濃度がどのようになったか御報告いただけると幸いです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

darumaさん>
こんばんは!
バクトフードSPについていろいろとアドバイスありがとうございます!
外部濾過器を数機使用しながらのNO3の低下は非常に困難かと思われますので徐々に濾過器の撤去~水換え~バクトフードSP添加~の繰り返しで私なりに水質の安定をしていこうかと思います。最終的にはdarumaさんのように濾過器を完全に撤去しようかと思いますが水流の確保の面で最低限のろ材を詰めた外部濾過器を残そうかとも考えております。
結果はその都度報告させていただきたいと思っております。

Re: No title

katuo さん

こんばんは~^^
アドバイスと言えるほどでもなかったかも知れませんが、参考になったようで何よりです。

>私なりに水質の安定をしていこうかと思います
それで良いのですよ~^^ それが「自分流」への一歩なのですからね!

「自己流」ではなく「自分流」

私のアクアの大先生の言葉であります^^


>水流の確保の面で最低限のろ材を詰めた外部濾過器を残そうかとも考えております。
底砂が10cmありますので、時間がかかるかもしれませんが好気域に偏った外部濾過器が残っていても最終的には0ppmは可能だと思います。嫌気性バクテリアは定着して増殖する時間が、好気性バクテリアのそれと倍以上の時間がかかることを覚えていてくださいね。
そうそう、水槽断面の底砂の部分を時々観察されてみてください。嫌気性バクテリアがフル活動し始めれば、硝酸塩硝化作用による脱窒された空気がこれまでにいほど多く確認できるはずです。その後、底砂から脱窒された気泡がポコッ!と水面に上がっていくのが四六時中確認できるようになります。スキマーからの戻りに泡が混入したかと見間違うくらいの泡が、水槽のあちらこちらで確認できるようになればバクテリアバランスはほぼ完成です。^^

またのご報告お待ちしておりますね^^

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。