スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタゴ水槽にあるミドリイシ

今日は九州・福岡でも日中の気温がなんと氷点下1℃だったようです。

毎日屋外で仕事しているのですが、さすがに今日は寒かったですわ^^;

福岡市のインフルエンザの流行も、注意報から警報へと変わっていました。

皆様、体調管理にはくれぐれもご注意くださいませ。



さてさて、今日はハタゴ水槽の硝酸塩を測りました^^

IMG_7520.jpg

測定後、30分放置した状態を撮っています。
相変わらず無換水維持を継続中なのですが、あまりにも安定しているのでコレといったネタが・・・


あっ!そういえばハタゴ水槽に入れているミドリイシがあった!!

IMG_7511.jpg
それがコレです。深場系ミドリイシ?
ヤドカリに倒されハタゴ様に接触したりして一部白化しながらも、超スローペースで成長しています。
最初は健康的な茶色でしたが、現在はグリーンが出てきています。
照明設備が単体のLED照明だけですので、照度調節が難しいですね。
強すぎると白トビしちゃいますし、弱すぎると根元から白化したり・・・
浅場に生息するハタゴイソギンチャクの隣に、深場ミドリイシをレイアウトすることが間違いなのでしょうけど(汗)


最後にハタゴ水槽の様子を。
IMG_7523.jpg


ではまた♪








スポンサーサイト

コメント

ハタゴ水槽にミドリイシ、いいですねぇ。
憧れます。

でも、敷居が高そうで、なかなか手を出せずにいます。
照明も LED のみですし、ナチュラルシステムでもないですし。

やっぱ、難しいんでしょうかね?
身の回りに海水やってる人がいなくって、生な情報が少ないもので・・・。

お久しぶりです。darumaさんは深場のミドリイシを飼育してたんですね。色が、上がってるなんてすごいです。後、写真の撮り方を教わったように三脚を使って、2秒後に撮るようにしたらうまいこと撮れるようになりました。ありがとうございます。後今、自分の水槽は0ppmを維持し、ミドリイシが少しずつですが色も上がり、成長もしているのですが、不思議なことにCaは500もあるのに、KHが3~4というとても低い数値が出ておりそれの原因でしょうかPHもちょっと低い7.6ぐらいなのですがこれは何ででしょうか?とりあえず水換えをしてみるのがいいのでしょうか?

Re: タイトルなし

ジョンさん

こんにちは^^
飼育しやすしミドリイシがあれば増やしたいと考えているのですが、私もなかなか手が出せません(笑)
でも、どんなに素晴らしい照明や設備で環境を整えても、生体が環境に適応できなければ生き残れませんよ。新しことにトライすればエラーもでてきます。どんなに成功者と同じ飼育システムを構築しても、水槽の水質が同じになることは無いのがアクアリウムです。お手持ちの水槽を十分に理解されていればトライすることに価値はあると思いますよ。もし失敗(エラー)しても原因を追究すれば、手持ちの水槽の理解も生体への愛情も増えますしね^^  

久々にミドリイシ飼育にトライしちゃおうかな(笑)

Re: タイトルなし

ムーさん

こんにちは!
写真の撮り方が参考になったようで良かったです~^^ 
さてさて、KHですが3~4は少し低いですね。と言っても、アクア用の試薬(試験紙)は大雑把な部分があるのでなんとも言えませんが(苦笑)

KH値は、ph、水中に溶け込んだCO2(二酸化炭素)の量と三角関係にあります。phが7.6ぐらい出心配されているようですが、私の水槽でも同じくらいですので経験上は大丈夫ですよ。
KH自体は魚やサンゴ、石灰藻が消費し、飼育水中では他の物質とくっ付いたりして時間とともに低くなるものです。たとえ各試薬の数値が適正値から外れていても、生体(サンゴ)が元気なようであれば、今の状態を改善しようとして色々する必要はないと私は思います。重要なのは生体の様子をしっかり見ることですよ。急激な水質変化の方が生体へのストレスも大きくなりますからね。 

KH値の割合を分かりやすく式にすると

KH × ph = CO2 (詳しい式は調べてね)


なんとなくKHが低くなっていく原因がわかったかな~? 

ムーです。KH×PH=CO2ということは二酸化炭素を添加するとKHとPHがともにあがるということなのでしょうか?後、詳しい式をちょっと調べてみたのですが、式がちょっと円の面積を求めてるみたいで面白いですね。
それと、エダハマサンゴの色がいい感じのピンク色でいいですね。

Re: タイトルなし

ムーさん

こんにちは^^
分かりやすく簡単な式【KH×PH=CO2】で表しただけですので、実際は炭酸カルシウムを補ってあげながら二酸化炭素と反応させてKH値を上昇させる手法があります。それがカルシウムリアクターです。炭酸カルシウムは底砂のサンゴ砂から微量ながらも溶け出していますけどね。これらを水槽で管理しようとすると、飼育水の導電率の測定装置(TDS計)が必要になったりして維持もそれなりに大変になりますよ~。うちの水槽はリアクターなんて使用していませんのでKH値は低いと思います。2ヶ月前に試薬を使い果たしたので測定していませんが(汗)

あ、衝動買いしたピンクのSPSですが、今のところ大丈夫そうです♪
でもスジチヂミトサカと色が被ってしまってあまり目立ちません(苦笑)

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。