スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩素中和剤の謎 その2

液体塩素中和剤を使用した際の硝酸塩濃度の低下現象がどうしても気になり、実験しました。

実験に使用した硝酸塩テストキットは、レッドシー・硝酸塩プロテストキットです。

実験対象とした試験水は、我が家の水道水水槽の飼育水の2種類。


まずは浄水器を通していない水道水から硝酸塩濃度を調べてみました。


結果は・・・
IMG_8593.jpg

ありゃ!? 0ppmやん!

まぁ、地域によってかなりバラツキがあるようですので、今回は一つの基準としておきます。



次に水槽の飼育水を1L採取しまして測定しました。

試験容器は浄水で1分ほどかけ流し洗浄後、飼育水で洗い直して試薬の残留が極力無いようにしています。


結果は・・・
IMG_8592.jpg

しっかり反応しまして4ppm近く出ています。



さて、ここからです。


採取した1Lの飼育水に、B社の淡水・海水用の液体カルキ抜きを3滴添加しました。
B社規定の使用量は、中和したい水10Lに対しておよそ2mlと記載がありますので、1Lに対しては1~2滴でよかったかもしれません。


液体カルキ抜き添加後、5分ほど馴染ませた後に硝酸塩濃度を測定しました。
測定前の試験容器は前回同様の洗浄処理を行なっています。

気になる結果は・・・
IMG_8602.jpg

2 ppmを少し超えている位でしょうか。


なんと! 硝酸塩が低下しています。



先日のA社よりかは硝酸塩の低下は少ないですが、何らかの原因で下がっているのは間違いありません。


非常に興味深く、考えさせられる結果となりました。


しかしこの結果には困ってしまいます。


測定回数も少ないですので測定誤差であってほしいと願いたいところですが・・・


次回は使用した液体カルキ抜きの添加量を変えて測定してみようと思います。


スポンサーサイト

コメント

マスキング剤でなくても反応が変わってしまった、という事ですね
知っておかないと非常に怖い事で 非常に重要な情報かと思います。

私もこの情報は大切に覚えておきたいと思うのと また次の実験も楽しみにしております。

Re: タイトルなし

狩人さん

こんばんは^^
反応が変わってしまったことは残念でなりませんが、ある意味よかったのかもしれません。
一体どうなることやら・・・
深くは追求しないつもりでしたが、正確な情報を伝えるためには継続が必要です。
今日明日は仕事の関係で実験できませんが、今後も続けていきますのでご指南いただければ幸いです。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。