スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み家族サービス♪

今日は夏休みの家族サービスとして、

北九州にある平尾台千仏鍾乳洞へ行ってきました~^^
甥っ子家族も一緒です♪
IMG_8913.jpg


IMG_8914.jpg
服の下は水着を着ていたりします。
だって、濡れちゃうもん^^;

入口
IMG_8916.jpg

全長約1kmほどの鍾乳洞なのですが、一本道を往復するので2km歩くことになります。
道中は狭いですので観光客が多いと離合するのも大変です^^;

IMG_8934.jpg

入口から480m地点の「奥の細道」からは、水の中の道をさらに400mほど歩いて行くことになります。
IMG_8945.jpg

ここから先は動画でどうぞ^^







「堀サク門までは照明設備がありますので、アドベンチャー気分をたっぷり味わえます(≧▽≦)
ところで、照明設備があるのは「堀サク門」と呼ばれる場所までなのですが、
そこから先は防水仕様の懐中電灯を持っていれば、もう少し奥まで行けたりします。
今回はヘッドライトと懐中電灯、水着を着ていましたのでもう少し奥の「地獄トンネル」手前まで行ってみました。

手持ちのデジカメは防水仕様ではありませんので、地獄トンネル手前20m付近までを撮っています。



と、ここまでは良かったのですが・・・


実はここでとんでもない事態に遭遇しちゃいました。

※ここから先のお話は本当にあった出来事です!!
かなり危険な状況でしたので、あえて当方のブログにて公開いたします。



先行のグループが地獄トンネルを越えた場所に居たのですが、グループの保護者が何やら慌てているのを見まして声をかけると

子供が5人、懐中電灯を持ってさらに奥に行ったまま戻ってこないとの事。

大人が一人、後を追って行ったが全員戻ってこないらしい。

地獄トンネルから先は、大人でも膝下までの水深があり、大人はかがまないと進めないほどの狭い道が続きます。
全身ズブ濡れにならないと前へは進めないほどです。


一本道とはいえ、照明設備が一切無く、ただでさえ狭い鍾乳洞を子供だけで行かせる行為は危険すぎます!

装備を聞くと、照明は懐中電灯だけらしい。

子供にはヘルメット等の安全装備も無いまま、奥に進んで行った(行かせた)との事。


ハッキリ言って親として失格です。


呆れてしまいました。


とはいえ、かなり危険な状況でしたのでヘルメットが無い状況でありましたが、私と先行のグループの大人一人に手持ちの懐中電灯を持たせ連れ戻しに行くことにしました。

50mほど先だったでしょうか、少し天井が開けた場所で子供2人を見つけ状況を聞き、連れてきたグループの大人を同伴させ戻らせました。

さらに50mほど先で残りの小学生と思われる子供3人と大人一人(女性)を見つけ全員無事保護。

グループの手持ちの照明は、なんと小さなペンライトのみでした。

やはりヘルメットも被っておらず、かなり危険すぎる状況でした。

全員無事に「堀サク門」まで連れて戻ることができ、何とか事なきを得ました。

嫁から聞いた話ですが、このような出来事もあったようです。
「地獄トンネル」を越えた照明設備が無い場所で待機していた保護者が照明代わりに使用していた携帯電話のバッテリーが切れていて、明かりがない状態に陥っていたとのこと。



「堀サク門」から先は、水遊びや肝だめし気分で行く事は危険すぎます!!

一歩間違えればとんでもない事態になっていたかもしれません。

自己責任では済まされませんよ。


これから千仏鍾乳洞へ行かれる方が当方のブログを読まれたならば、
今回の私が経験した出来事を十分に理解して訪問されることを願います。



そんな事があったお出かけでしたが、気持ちを切り替えて平尾台の風景を楽しみながら帰路につきました^^

IMG_8949.jpg

さて、日曜日は何しようかな♪


スポンサーサイト

コメント

丸っきり テレビの冒険番組で出てきそうな光景です!!
レスキューも御苦労さまでした。

でも楽しそうで涼しそうな洞窟ですね。


無事にバクトフードSP、届きましたので しばらく遊び続けられそうです(笑)
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

狩人さん

でしょ~^^
福岡インターから高速道路を使っても、1時間チョットで行けるので来福された時はいかがですか?(笑)
レスキュー時は短パン姿だったので、鍾乳石で足に少し切り傷を負っちゃってました^^;

この鍾乳洞は大人もかなり楽しめますよ~^^

バクトフードSP無事に届いたようで良かったです~^^
私も狩人さんに負けてられないな~なんてね!(爆)

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。