スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクテリアバランス

アクアリウムで一番脳ミソを悩まされている物質・・・

それは硝酸塩(NO3)でないでょうか。


水槽内での濾過サイクルはというと

-----------------------------------------------


    給餌 
     ↓
排泄物(アンモニア、タンパク質)発生
     ↓
アンモニアを好気性バクテリアが亜硝酸塩(NO2)に硝化
     ↓
亜硝酸塩(NO2)を好気性バクテリアが硝酸塩(NO3)に硝化
     

--------------------------------------------------

ここまでの硝化反応は壁掛け式フィルターや外部ろ過機等の設置で行なわれますよね。

では、なぜ飼育水を水換えをするのでしょうか?

硝酸塩自体は生体には比較的無害ですが、蓄積(高濃度化)すると生体に影響がでてきます。

そこで飼育水に溶け込んだ硝酸塩(NO3)を排出(換水)することで蓄積を防いでいるわけです。

この硝酸塩(NO3)を水換え以外の方法で減らすには・・・

嫌気性バクテリアにより硝酸塩(NO3)を窒素に還元させる方法があります。

ですが、嫌気性バクテリアは酸素がほとんど行き届かない嫌気域(ライブロックの奥深くや底砂の下部など)
にて繁殖します。
(※嫌気域をほぼもたないベアタンク等は今回考えておりません)

対して、好気性バクテリアは活動のために多量の酸素を必要としますよね。

小さな水槽内で酸素の有る場所と無い場所を作るのは大変難しいことです。

飼育水の硝酸塩が増えると言うことは、

水槽内のバクテリアのバランスが好気性に偏っているということだと思われます。
(好気性>嫌気性)

その偏ったバクテリアバランスを適正値(0p.p.m)に近づけるべく

嫌気性バクテリアの投与量に日々試行錯誤しております。



試験的投与を始めて、まだ8日ほどですが


硝酸塩濃度は・・・

NO3 2011/02/17

5 p.p.m以下??(驚)


なかなか良い結果が得られてきているようです^^







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。