スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家培養バクテリア水の投与による硝酸塩濃度の変化報告 その1

現在、週一回の頻度で継続して硝酸塩濃度を計っています。

本日の硝酸塩濃度です。
IMG_5495.jpg
0p.p.m

3/13 に、0p.p.mを達成してから 60日が経ちました。
自家培養バクテリア水の添加試験開始(2/7)から、実に丸3ヶ月が経過しています。


今回より、試験開始から一ヶ月のバクテリア培養水の使用結果と硝酸塩濃度の変化を報告していこうと思います。


試験水槽(我が家の本水槽)の環境です。
IMG_5427.jpg


60cm規格水槽(水量50L)
底砂の厚さ:サンゴ砂3~4センチ
ライブロック:5~6キロ
非OF水槽
サンプ槽無し
水中ポンプ:2機
投げ込みフィルター:1機
LED照明:3機
スキマー:マメスキマーⅢ(5/17 記載漏れのため追記)
~~~~~~~~~~~~~~

現在、ソフトコーラルとハタゴイソギンチャクがメインのナチュラル水槽です。
非OFで外部フィルターも無しですが、しっかり維持できています。
我が家の水槽は試験開始当初、お魚が一匹(現在2匹)でしたので給餌も少なくて済み、低硝酸塩環境(20ppm以下)を維持できていました。
それでも高いときは換水前に20ppmで、換水後でも10ppm止まり。
2~3日経てば20ppmに戻っていました。

ではなぜ嫌気層を持っている水槽なのに、硝酸塩が硝化還元されずに残ったままになるのか・・・


好気性バクテリア > 嫌気性バクテリア


早い話、水槽内の嫌気性バクテリアの数が少ないのではないかと。 

じゃあ、この偏ったバクテリアバランスを適正にすれば硝酸塩濃度がゼロになるのでは??

ということで、嫌気性バクテリアの自家培養と投与による硝酸塩濃度の変化を調べてみた訳です。



さて、試験中の変化は数字で書いても良く分からないので、簡単なグラフにしてみました。

※ 以下の記述等は、今回の試験対象となった我が家の水槽を自分自身で行なった結果を公表しています。 
私以外は参考にならない事かもしれませんが・・・もしかしたらお役に立つかも???

img009.jpg
左y軸:硝酸塩濃度(ppm)  右y軸:培養水添加量(cc)

気合いの30日連続測定です(笑)
硝酸塩濃度測定はレッド・シー(テストラボ・NO3)を使用。
カラースケール上、2.5~5.0ppm と 5.0~10.0ppmまでは中間数字がありません。
測定の際、検査水の色を目視する上で中間的な発色をしていることがありましたので
自己判断により、カラースケールには記載の無い数値の3.5ppmと7.5ppmを使っています。

培養したバクテリア水の添加量を見てみましょう。

グラフを見ての通り、初回はたった1ccです。
これには幾つか理由があります。
飼育システムが嫌気層を持つナチュラルシステムである。
バクテリア水を投与する水槽が25ppm以下の低硝酸塩環境である。
培養したバクテリア水が高濃度である。
バクテリア水の過剰投入による極度の水質変化を防ぐため


※培養したバクテリア水が高濃度の理由は、直接培地で培養したバクテリア水をそのまま使用する為です。


わずか1cc単位の添加でしたが効果はありました!
添加翌日には硝酸塩濃度が10ppm以下になり、3日目に2cc投与した翌日には5ppmまで下がりました。

ここで注目したいのが、バクテリア水を添加した翌日に硝酸塩濃度が上昇してしまった事例が起きています。(2/14、2/15、2/24)
その事例後、バクテリア水の投与を2日ほど止めてみると、今度は硝酸塩濃度が下がっています。
そう、一度上昇した硝酸塩濃度が何もせずに2~3日で上昇前の数値まで下がったということが起きています。
それも、一度だけでなく3回ともです。
このことから、硝酸塩濃度が上昇した理由は確信ではありませんが、バクテリアの過剰投与により定着しきれなかったバクテリアが死亡したことで一時的に硝酸塩濃度が上昇したのではないのかと勝手に推測しています。
もう少し分かりやすく説明するなら、椅子取りゲームに負けたバクテリアが行き場を無くした結果死亡し、硝酸塩上昇の要因を作ったのでは?
バクテリアレベルの出来事は直接目で見ることができませんので、私の行なった試験では数値でしか判断できません。
でも私の試験水槽で起きた変化、つまり数字と結果が全てでもあります。

今更感な部分ではありますが、嫌気層を持つナチュラル水槽と言えど
バクテリアの生息バランスは考えている以上に悪かったという事を再認識させられた結果でもあります。



ところで、試験開始の一ヶ月間で投与したバクテリア培養水の量は・・・


わずか 12cc です。


この結果から、今回培養したバクテリア水の驚きの高濃度ぶりが分かる?!かと思います^^




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

tetsu@FC2

Author:tetsu@FC2
二児と一匹(犬)に振り回されている普通のオッサンです。
嫁には尻に敷かれています(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。